自分と同年代の人たちは当たり前のように免許を持っています。
都市部であればあるほど免許所有は少なくなるものの、それでも免許を持っている人の方が圧倒的に多いわけで、私も免許を取ろうと再び思い始めました。
再びというのは、かなり前に教習所に通っていたものの、途中で退校してしまったのです。
あれからしばらくして、免許を持っていれば就職に有利なこと、身分証明にもなることを改めて気付かされ、今度は通いではなく合宿免許に行くことにしました。
合宿免許には友達同士で参加する人がいますが、私の場合は一人で参加しています。
なぜなら周りの友人や知人はほとんどが免許を持っているから私一人の参加です。
実際に合宿免許では私と同様に一人で参加も多くいたようで、焼肉店や遊園地に行くのではないのですから、一人参加の方が気楽だと思います。
私は以前通っていた教習所ではMTコースでしたが、今回はATコースを選びました。
ATコースの方が料金がやや安く設定されていますし、クラッチ、チェンジレバーの頻繁な操作がなく、エンストも限りなく少ないので、MTコースよりも簡単なATコースにしたのです。
バックして方向を変えるのが難しかったですが、実技、学科共集中して教わることができたおかげで、教習所への通いよりも比較的簡単に免許を取れたような気がします。
自分が参加した時は自分が参加者の中でも年上の方だったわけですが、そんなこと関係なく合宿免許に集中して何のトラブルもなく終了したので、参加して良かったと心から言えます。