免許を取得しようと思っている時に途中で「仮免許」という言葉が出てきます。
仮免許を取得すると今までは行動などで運転などをすることが出来ませんでしたが、ある程度の条件付で練習の運転をすることが出来るようになるのです。
仮免許を取得すれば普通の行動を練習できるということは多くの人が知っていますが、高速道路も練習として運転することが一応出来ますので念のために覚えておくと良いと思います。
受ける免許の種類によって練習をすることが出来る車の規模が違ってきます。
普通免許の一種と二種を受けるという人は普通自動車を練習用として使うことが出来ますし、
中型の第一種の場合は、中型自動車での練習が可能です。
大型の第一種は大型自動車での練習になります。
大型と中型のそれぞれ二種の場合はまた条件が違ってくるのです。
中型二種は11人から29人までの定員のバスタイプの中型自動車を練習者として使うことになりますし、
大型二種の場合は30人以上乗れる大型バスを使うことになります。
仮免許の運転の時には条件があるのですが、「仮免許練習中」と書いたものを目立つように車に貼って運転をしなくてはいけません。
貼る場所は前と後ろ、両方に貼らなくてはいけません。
白地に黒の文字と規定が決まっており、17cm×30cm以上のサイズの標識にしなくてはいけないのです。
貼る位置も40センチ以上、1.2m以下の場所という決まりがあります。
もう一つ、条件があり、一緒に同乗者を乗せないといけません。
それぞれ決まりがあるのですが、そのあてはまる免許を取得してから3年は経過していないと同乗者としての資格には当てはまらなくなってしまいます。
注意点としては同乗者が3年以上、免許を持っているということですが、免許の効力がある人でないといけません。
執行中だったりする人は同乗できませんのでその点は注意してください。
後は場所によって練習して良い時間などもあるそうですので、自分が住んでいる場所は何時間ぐらい練習が可能なのか、確認をしてみるようにしましょう。

b-40-1
コメントb-40-1