合宿免許を利用しました。
ゆっくり勉強に励みたいので、個室プランを選びました。
ベッドと机があるだけの部屋でしたが、とても落ち着きます。
1日が終わった後はそこで復習をします。
いくら短期間で覚えるといっても手を抜くと忘れてしまうこともあるのです。
学校ではいつもその日のうちに復習をしていたのでその感覚でいきたいと思ったのです。
窓があるので外の景色を眺め気分転換をすることもできます。
荷物を置くとさっそく講義が始まります。
テキストを見ながらノートをとります。
初めてハンドルを握ったときはとても緊張していたのをよく覚えています。
それでも教官が丁寧に教えてくれるので、運動音痴の私にもできました。
食事は3食付いていて食堂に移動します。
そこには同じように宿舎を利用している方が集まっています。
知らない者同士でしたが、何度か同席しているうちに仲良くなりました。
それからは食事の時間も楽しみになってきたのです。
/同じ高校を卒業した人がいて、思い出話で盛り上がってしまいました。
あの先生はああだったよねとか、あの子は今何をしているよとか。
クラスが同じになったことはなく、学校ではほとんど話したことはないのに不思議な縁があるものです。
そうなのです、合宿免許というのは意外と利用する人が多く、同じ年代の人が集う傾向があります。
1人で参加しても寂しい思いはしないのです。
最後の夜はまさに修学旅行のようでした。
食事内容も和食洋食と栄養が偏らないように工夫がされています。