ドライブと言えば立派なレジャーの一つであり、デートでも欠かせない存在ですよね。
ドライブをしようと思えば運転免許が必要となってきますが、免許を取ろうと思えば数か月は掛かってしまうので面倒だと諦めている人もいるそうです。
また教習所では受けなければならない授業の予約を取ることが大変と聞きますし、日によってはハードなスケジュールになることや、一つの授業のカリキュラムの為だけに足を運ばなければならないといったケースも耳にします。
筆者は高校を卒業してから就職をして働いていましたが、その職場の上司に普通免許があればもっと仕事の視野が広がるのにと言われ、今まで溜めていた有給を使用して普通免許を取得する為に合宿免許という手段を選択しました。
自分の住んでいる県内から外へ出て、見知らぬ土地で2週間という期間を過ごすことに不安や期待で落ち着かない日々が続きましたが、一週間を過ぎたころには他の生徒の人や先生方とおしゃべりを楽しめるようになり、環境に慣れさえすれば残りの一週間という時間を惜しむ位になっていることでしょう。
授業の他にもクリアしなければならない筆記の小テストがあって、少しスケジュールが過密になりますが終わってしまえばそれはそれで充実感を味わえるものとなります。
卒業試験の時には他の生徒の人たちと別れるのが寂しかった事を覚えていますし、また集まろうと思ってもそれぞれ住んでいる所が他県なので難しいものです。
筆者は2週間が短く感じましたが、あの期間は自分のスキルを成長させてくれたんだと実感しています。