バイクを運転するにはまず、運転免許が必要になるのですが、バイクの運転免許というのはいくつか種類があります。
バイクの運転免許というと、大まかには原付免許と普通免許と大型免許の分類になるのです。
原付だと50ccまでしか運転できませんし、かといって、大型免許だと排気量の制限がない状態ですが、取得するのは大変なのでやはりバイク用の免許を取ろうと思うと普通免許を取るようにするのが一番、いいかもしれません。
普通免許にもさらに種類がありますのでちょっと説明しておくと、125ccまでのバイクを運転できる、小型限定普通二輪免許というのもあります。
小型限定は税金や保険に関しては他の普通免許に比べて安く済みますので人気があるのです。
後は普通二輪免許になると400ccまでの排気量のバイクを運転することが出来ますのでこれらは多くの人が持っている割合が高い免許になります。
普通二輪の場合は小型と違って高速道路でも運転することが出来るのです。
また、小型限定と普通二輪免許にはそれぞれAT車限定免許というのが分類としてあります。
AT車限定の免許を持っている人の場合はオートマチック車のバイクに限定して運転することが出来るのです。
なので、AT車限定の免許を持っている人の場合は多少、運転できるバイクに関して制限があったりもしますがやはり免許があると便利になります。
AT車のバイクの場合、技術的にも比較的簡単に操作も出来ますので、意外にAT車限定の免許を持っている人も多いのです。
バイクの普通免許を取得する際には自動車の免許を取るのと要領的に同じになります。
教習所を使って技能と学科を学んで卒業試験を受けて免許を取る方法か、試験場に直接試験を受けに行って合格して免許を取得するという方法の2パターンです。
合格して適性検査などをクリアすることができればバイクの普通免許を取得することが出来ますので、
合格を目指して、頑張って勉強していきましょう。

b-42-1
コメントb-42-1